狛江に住んだのも何かのご縁。パワフルな狛江の女達が、みんなで狛江暮らしを楽しんでいます!

311_001

被災地から 1

東北関東大震災に私たちが出来ることを

こまめは、チームむかご震災支援プロジェクトに、参加させていただいています。
微力ではありますが、今後も私たちが出来ることを続けていきたいと思います。
材料を提供してくださった狛江の皆様、ありがとうございました。

  • 2011/3/19(土) カルシウムたっぷりのフリカケ
  • 2011/3/26(土) 煮物、五目豆、おかず味噌

被災地報告が届きました。(fromチームむかご)

チームむかごとは、料理研究家の枝元なほみさんを中心とした、食材を大切に食を通して出来る事を等、たくさんの思いの詰まったチームです。
今回「チームむかごの震災支援活動」に、こまめも呼びかけていただき、後方支援の後方支援のそのまた後方支援で参加できました。

チームむかごからこまめへ

被災地での食料配布の様子をご報告いたします。
私たちは、みなさんからご提供いただいた手作り食品をとりまとめて、現地で支援活動を展開しているセカンドハーベストジャパンに納入しています。
これまでも、現地の食料配布担当の方と連絡を取りながら支援活動を進めてきたのですが、混乱した被災地での作業のため、十分な報告をいただけるような状況ではありませんでした。
そのため、毎回、届いてほしいと祈るような気持ちで物資を送り出してきました。
しかし今回、セカンドハーベストジャパンの仙台基地で食料配布を指揮する蓜島(はいじま)さんが写真を撮ってレポートを送ってくださいました。貴重な機会ですので、ぜひご報告させていただければと思います。

チームむかごとは、料理研究家の枝元なほみさんを中心とした、食材を大切に食を通して出来る事を等、たくさんの思いの詰まったチームです。

レポート

セカンドハーベストジャパンの仙台基地で食料配布を指揮する蓜島(はいじま)さんから、チームむかごへ届いたレポートです。

チームむかごのみなさまへ
いつも心のこもった手作りの品をありがとうございます。
昨日は、小職も視察を兼ねて配送に出ましたので、直接手渡ししてきました。
行き先は、女川地区です。地域は壊滅的な打撃ですが、漁師町の強い絆で、薪でごはんを炊いたり、蒸したりと工夫されていました。
石巻市からも遠いので、支援も不定期とのことで、私たちは毎日、おにぎりと新聞を持って行きます。
他の団体が一度だけ大量を届けるところ、顔の見える関係で被災者のみなさんの安心に繋がっていると想います。
手作りで、想いの詰まったチームむかごさんの支援品は、味はもとより温かい気持ちも届いたと想います。
何より、「手作り」に驚かれてました。
日常の味を感じられることは何より心に響くと想います。
まさしく「食の持つ力」ですね。
これから泊まりで岩手の釜石に行ってきます。
簡単ではありますがご報告とさせていただきます。

画像をクリックすると大きくなります。

画像の説明画像の説明画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional